前へ
次へ

顔のマッサージは程よい力加減で行いましょう

顔の筋肉に疲れがたまると、体と同じように凝ってこわばっていくと言われています。すると、老廃物が流れにくくなって、むくみや吹き出物などの原因になってしまいます。この状態を放置していると少しずつ老廃物が溜まっていき、顔がむくみやすくなったり、顔が大きく見えるようになってしまいます。顔の筋肉が凝り固まらないように、毎日のスキンケアにフェイスマッサージを取り入れて小顔を目指しましょう。フェイスマッサージを行うときは、専用のクリームやオイルを使うのが基本です。クリームやオイルを塗ってから行えば、お肌をこすったり、刺激を与えずに心地よくお手入れできるからです。配合されている美容成分や使用感など、お好みに合わせて選ぶとよいでしょう。もしも専用の化粧品が手元にない場合は、手持ちの乳液やクリームを多めに塗ってからマッサージすることも可能です。また、マッサージを行うときは、リンパの流れに沿って優しく行うことが重要です。強くこすると、シワやたるみの原因になりかねません。特に目の周りの皮膚は他よりも薄くデリケートなので、力を入れずに優しく丁寧に行うと安心です。

Page Top