化粧水をコットンでつけるときに気をつけていること

美容

化粧水をコットンでつけるときに気をつけていること

化粧水をコットンでつけるときに気をつけていること

化粧水をつけるときは、コットンを使ってお肌になじませるようにしています。
以前は手で化粧水をつけていたのですが、小鼻の脇など細かな箇所まで上手になじませることができず悩んでいました。
その点、コットンを使うと、お肌の細かな部分まで化粧水をなじませやすいので活用しています。
コットンを使うときに気をつけているのは、毛羽立たない高品質の製品を購入して、お肌に刺激を与えないようにやさしく使うことです。
コットンの毛羽立ちはお肌に負担をかけるだけではなく、メラニンが生成されやすくなりシミの原因になってしまうと聞いたからです。
また、刺激を与えてしまうと、お肌が乾燥したりシワの原因にもなるそうなので、高品質のコットンを選んでやさしく化粧水をなじませています。
ちなみに、コットンで化粧水をつけるときは、たっぷり含ませてからやさしく押さえるようになじませることを意識しています。
美容のために使うコットンが原因で、将来的にお肌にトラブルを抱えてしまわないためにも、正しい使い方を徹底させていきたいと思っています。

東京 サージェリーファースト

ルフォー 整形

出っ歯 手術

頬骨 手術

輪郭 手術

最新記事